前へ
次へ

建物を取り壊して不動産売却すべきか

建物付きの土地を不動産売却するとき、住める状態であれば建物付き土地として不動産売却するかもしれません。ただ建物に関しては経過年数などにより価値が減っているときがあり、建物があるからと言って高く売れるわけではありません。良い立地であれば土地のみの不動産売却でかなりの譲渡益が出るときもあります。古くて住むのが難しい建物がある土地の不動産売却では建物を取り壊すケースが多いです。それ以外に住める状態でもあえて取り壊して不動産売却をした方がいいときもあります。旧来からの土地だと譲渡益が多くなるために何とか取得費を減らしたいでしょうが、その方法として取り壊す選択があります。不動産売却の譲渡費用に含まれるものとして、売却時に取り壊したり更地にするための費用があります。お金をかけて取り壊したら出ていく費用も多いですが、取り壊さずに莫大な税金を支払わなくてはならないなら取り壊した方が良いのでしょう。取り壊し費用などをしっかり調べて取り壊すかの判断をしましょう。

Page Top