前へ
次へ

不動産売却に関する特別控除の制度

不動産売却をした時に支払わなければいけない税金の額は、どのような種類の物件を不動産売却したかによって変わることがあります。通常の場合よりも支払わなければいけない税金の額が少なくなるのは、マイホームとして所有していた住宅を不動産売却する場合です。建物だけでなく、住居用として使用する建物が建てられている土地を一緒に売却する場合にも、特別控除の適用があります。この制度は、自分が現在住んでいる住宅だけでなく、以前住宅として住んでいた建物と、その建物が建っている土地に関する不動産売却についても適用されます。以前住んでいた住宅ならば、どのような建物でもこの制度が適用されるわけではなく、適用を受けるには一定の条件を満たす必要があります。特に重要となるのは、その住宅に住まなくなってから、その住宅を売却した時まででの期間です。住宅に住まなくなってから3年後の12月31日までに不動産売却をした場合に限り、不動産売却の特別控除が利用できます。

Page Top