前へ
次へ

不動産売却は余裕をもって行いましょう

不動産売却にはいくつかステップがあります。まずは不動産会社を選んだら査定してもらい、希望者が見つかれば内覧します。気に入ってもらえば仲介してもらい不動産売却成立です。物件の状態によっては売り出し前に解体をするでしょう。仲介してもらう場合どんな物件でも不動産会社からの査定が必要です。査定をしてもらい、どのように不動産売却するか営業マンと決めていきます。不動産売却が完了するまでの期間は短くて3か月、最長で半年と言われています。期間が延びるのはやはり物件の売り出し期間中です。買主が現れなければいつまでたっても売れないままです。仲介する会社の集客力でも変わりますが、買主が現れるには縁を期待するしかありません。不動産売却は焦らずスケジュールに余裕をもって行いましょう。購入してくれる人が見つかり価格に納得がいけば売買成立です。この時にもいくつか費用が掛かってきます。不動産売却をプロに手伝ってもらったなら当然仲介手数料が発生します。他にも譲渡所得税・住民税などの税金、印紙税、抵当権抹消費用など色々あります。

Page Top