前へ
次へ

不動産売却ではなぜ5年が大事になるのか

住宅を購入する目的の多くは住むためでしょう。ただ土地を多く保有している人だと賃貸などで貸す目的を持ったりもします。さらに値上がりを期待してすぐに売却する人もいるのでしょう。不動産売却をするときには保有期間によって譲渡益に対する税金が変わるので注意しなければいけません。不動産売却時の譲渡益に対する税率では特に保有目的は問われません。住むためであろうと賃貸や売却益目的でも同じ税率です。ただ住むために購入して売却するのであれば低めの税率にしようとの考えがあるらしく、5年を超えて保有するときの不動産売却は税率が15パーセントになります。一方短期のうち、つまり保有期間5年以内に不動産売却をして譲渡益が出たときは税率が30パーセントになります。住むために購入したのに5年以内に転勤が決まって不動産売却も残念ながら税率30パーセントが適用されてしまいます。保有期間が4年ぐらいの人は不動産売却のタイミングを見計らう必要がありそうです。

Page Top